あまたん討鬼ろぐ

討鬼伝についてぼちぼち書いていく自己満ブログ

【討鬼伝極】狙撃霊弾用スキル構成集

今回は狙撃霊弾に限ってのスキル構成集です。
銃初心者でもこれさえチェックすれば、銃の基本はオールオッケー! という感じのを掲載していこうと思います。


隠スタイル・会心用

イザナミ:逆鱗、俊足、一閃、隠特化・急襲
■クマソタケル:会心力上昇【特】、闘志、会心力上昇【大】、隠特化・急襲
オトタチバナヒメ:闘志、俊足、会心力上昇【中】、会心力上昇【大】
■組み合わせスキル:三つ揃い「古」

隠銃の基本形です。これは以前に記事にしたタマフリ不使用のものですね。
一番のポイントは俊足2積みによる高い機動力と、三つ揃い「古」による気絶無効でしょう。
立ち回りに有利な移動の速さと、万が一の気絶無効で非常に使いやすく仕上がっております。
高い会心力によって気力が足りなくなる事も少なく、火力も並み以上にあります。
タマフリに頼らない構成ですので無限調査でも使いやすく、またこれから銃をステップアップしたいな~と思っている人にもオススメです。

隠スタイル・毒武器用

イザナミ:逆鱗、俊足、一閃、隠特化・急襲
■クマソタケル:会心力上昇【特】、闘志、会心力上昇【大】、隠特化・急襲
藤原薬子:搦手・吸気、一閃、会心力上昇【特】、搦手・一閃

イザナミ&クマソタケルのコンビはそのままに、オトタチバナヒメ藤原薬子に差し替えました。
一閃が2つとなったことで火力面では大きく上昇しており、鬼が状態異常中であれば搦手スキルが発動します。
闘志は1つのみですが、一閃*2の影響で回復量も若干上がっており、狙撃霊弾1発分よりやや少ない程度に気力を回復します。
搦手中は吸気と一閃が発動するので、更に気力が切れにくくなりますね。
火力が高く状態異常耐性が上がりきってしまうまでに倒せると思うので、基本的に「搦手の極み」は不要と思い外しています。
搦手・猛攻ではなく一閃の方を優先したのは、闘志が要であるため状態異常でない時間を考慮した結果です。
まあ、イザナミにも搦手・吸気があるので、スキルを差し替えれば藤原薬子以外のミタマでもいいと思います。
例えば斉藤きち、松永久秀、鼠小僧、木曽義仲北条時宗、持っていれば綱手……など。まあこの辺は好みですね。

隠スタイル・属性用

イザナミ:逆鱗、俊足、一閃、隠特化・急襲
■クマソタケル:会心力上昇【特】、闘志、会心力上昇【大】、隠特化・急襲
黒田官兵衛:一閃、俊足、属性攻撃力上昇【特】、属性攻撃・吸気

そして藤原薬子黒田官兵衛に変えるだけで属性銃に早変わり。
これも最近の記事で紹介した構成ですね。
属性耐性でない鬼にも使えるのが利点ですが、今となっては上記の毒武器用構成の方が汎用性は高いかもしれません。
こちらは俊足*2を維持できるので、その辺で好みが分かれますかね。
もちろん弱点鬼に使っても十分強いです。
秘針を活用するならば、イザナミとクマソタケルを細川勝元綱手に変えるという選択肢もあります。

細川勝元:闘志、会心力上昇【特】、秘針強化・五大、隠特化・急襲
綱手:魂鎖、秘針強化・射出、一閃、秘針強化・一閃

といった感じですね。会心力のブーストに若干不安が残りますが……。
ただ綱手は限定ミタマですので、無い人は組めません。私の事です。

癒スタイル・武神特化

クシナダヒメ:武神ノ砦強化・猛攻、武神ノ砦強化・増幅、武神ノ砦強化・一閃、元気溌剌
イザナギ:闘志、武神ノ砦強化・猛攻、武神ノ砦延長+10、英霊の激励
オトタチバナヒメ:闘志、俊足、会心力上昇【中】、会心力上昇【大】
■組み合わせスキル:三つ揃い「古」

太虚Mk-Ⅱのような会心力高めの銃を推奨です。
メンバーのサポート役である癒が気絶無効を持っているというのは重要で、もしもの時の変若水を安全に発動できます。
武神ノ砦による火力のサポートだけでなく、元気溌剌と闘志によって自分自身の火力も確保しています。
英霊の激励があるので武神ノ砦もガンガン使いまわせますし、タマフリがなくともある程度戦えるので、無限調査などでも使用に耐えます。
サポートもしたいけど、自分でもしっかり戦いたい! という人にオススメですね。
会心力の面で若干不安を抱えているので、武神中ではない時の気力管理は上の二つより重要になるかと思います。


壊スタイル・会心用

酒呑童子:逆鱗、一閃、会心力上昇【中】、会心力上昇【特】
碓井貞光:一閃、断奪・気、会心力上昇【特】、壊特化・増幅
藤堂高虎:鎧割強化・破壊延、闘志、会心力上昇【特】、壊特化・延長
■組み合わせスキル:三つ揃い「壊」

壊スタイルというと一般的に扱いが難しいイメージが有りますが、これはかなり使いやすく仕上がっています。
一閃*2と闘志*1、それに会心力のブーストという構成は「隠スタ・毒武器用」と同じ理屈を採用しています。
そこに壊スタと相性のよい「断奪・気」を加える事で、気力不足とならないようにしました。
壊オーラによって攻撃力が上がれば、闘志による回復量も比例して上がり、それによって断奪・気の発動機会も増える……という仕組み。
壊特化・延長と増幅を1つずつ積んでいるので、オーラの維持と向上はかなりしやすく、一ヶ所を集中的に狙い撃つ狙撃霊弾との相性も良いです。
三つ揃い「壊」でおまけ程度に武器ゲージが上昇しやすくなっているのもいい感じ。
ただ俊足がないので、立ち回りの難度としては上記の構成たちよりは若干高めかもしれません。
銃に慣れてきた中級者向けの構成といった感じですね。

迅スタイル・韋駄天維持

岡田以蔵:一閃、忍び足【大】、韋駄天強化・一閃、迅特化・軽減
藤堂平助:闘志、会心力上昇【大】、会心力上昇【特】、韋駄天強化・破壊延
大石内蔵助:魂の絆、一閃、英霊の激励、会心力上昇【特】

みんな大好き迅スタイル。
ですが私の意向により空蝉強化・二段などという軟弱なスキルは採用しておりません。
迅特化・軽減と闘志、会心力のブーストに韋駄天強化・一閃を加えた事で気力面はバッチリ。
さらに破壊延と組み合わせることで、半恒久的に移動速度と会心力アップの恩恵を受けることが出来ます。
忍び足【大】があるので銃に敵を引き寄せにくく、もしもの時の空蝉で巻き添え死の防止もできる。
また魂の絆によって鬼千切・極に参加しやすくなっており、味方の邪魔になりにくい狙撃初心者にぴったりの構成です。
デメリットとしては、岡田以蔵藤堂平助という超有能ミタマを使ってしまうので、他の構成で使う時にスキル差し替えが面倒なこと。
それと一閃*2があるとはいえ、やはり火力がそこまで高くないことなどでしょうか。
隠銃はタマフリ可の条件ならば、秘針を刺すだけで味方全体の火力アップに貢献できますからね。部位破壊スピードも速いです。
科戸ノ風強化のスキルを積んでもこれとそこまで火力は変わらないですし。
結局は迅狙撃は補助輪でしかないということかもしれません。
え? やだなあ、迅スタイルに恨みなんてありませんよ。
スタイル使用率が一番低いのも関係ないです。ええ。

魂スタイル・孫市カスタム

雑賀孫市:破敵ノ法強化・速攻、魂鎖、追駆短縮、霊脈注射
卜部季武:魂特化・浄化、追駆強化・吸魂、元気溌剌、属性攻撃・吸気
雪舟:元気溌剌、連昇短縮、破敵ノ法短縮、追駆強化・速攻

元気溌剌*2と霊脈注射で火力をブーストした魂銃です。
このブログで一番最初に紹介した構成であり、自分自身もっとも使い込んだ構成でもあります。
使い方は言うまでも無いですね。
とにかく狙撃霊弾とタマフリを叩き込む。ただそれだけです。
当たり前ですが、属性用なので単体討伐や弱点属性の揃っている任務などで使いましょう。
角の霊脈に5、6発撃ち込んで破敵ノ法を当てると、だいたいの極級鬼の角を破壊できることを覚えておくといいでしょう。
足で長時間ダウンしないトコヨ系では特に有効ですね。
そうでなくてもすぐに部位破壊してマガツヒに持って行けるので、討伐時間の短縮になります。
連昇はなるべくマガツヒ状態で使って、体力と部位耐久の両方を削るように意識すると効率的ですね。
弱点を突く必要があるだけあって、この中の構成では随一の火力を誇ります。



さて、今回はここまで。
今回はテーマが「これさえ見れば銃の基本はオールオッケー!」だったので、構成に関しても使いやすさを重視して紹介しました。
使いやすいだけでなく、攻撃力も十分あり、実践でもしっかりと使用に耐えうるものばかりだと自負しています。
ちゃんとした銃の使用者が増え、周りにももっと理解される。
その助けになれればいいなあ、と思います。