あまたん討鬼ろぐ

討鬼伝についてぼちぼち書いていく自己満ブログ

【討鬼伝】空スタイルのアビリティと空特化・加速について

空スタイルのタマフリ構えで付けられるモヤモヤには、タマフリ待機時間の短縮効果があるのは皆さんご存じのはず。
では実際にこれがどれくらい短縮しているのか、実際に測ってみました。

計測方法

縮地(チャージ7秒)、治癒(チャージ3秒)でそれぞれ空特化・加速など何もつけない状態でどれくらい短縮されるのかを測ります。
そこから空特化・加速をつけて、どれくらい縮まったのか測り、その差によって加速の短縮量を計算します。

ちなみにこのモヤモヤはエリア切り替えで消えるので、縮地の素のチャージ時間は
縮地発動→エリア移動→タマフリ構えせずに待機という手順で計測しました。
また、以下はすべてストップウォッチによる手動計測ですのでおおよその値です。
が、無意味に細かい数値にもしないだろうということでご勘弁ください。

結果

縮地は約4.5秒前後となり、治癒は約1.9秒前後という結果になりました。
%に換算すると、どちらも約35%短縮されていることになります。

ここに空特化・加速を乗せると、縮地は約3.5秒、治癒は約1.5秒となり、ちょうど50%の短縮となりました。
ということは、空特化・加速は15%短縮する効果があるということになりますね。
二積みの場合は計測しませんでしたが、1つにつき15%と考えて良さそうです。



つまり、空特化・加速を1つ積むことで○○短縮のスキルと同じ効果が得られると言えます。
すごい! そんなに早かったのか! と驚く前に、モヤモヤの持続時間を考えてみましょう。

あのモヤモヤの持続時間は10秒しかありません。
当然10秒で使えるようになるタマフリは少ないので、重ね掛けする手間があります。

7秒に対し4.5秒ということは、7/4.5=1.55... つまり1.5倍でチャージが進むことになります。
空特化・加速一積みの場合なら7/3.5で約2倍ですね。

空特化・加速をつけた場合の、10秒掛けて20秒分のチャージが終了するのを強いと見るか、弱いと見るか……。
個人的にはやはり気休めにしか過ぎないのかなぁと思います。
ないよりはましですけどね。


そんなわけで、空スタイルのモヤモヤについてのお話でした。
モヤモヤは晴れてスッキリしたでしょうか。うーん、煮え切らない。