あまたん討鬼ろぐ

討鬼伝についてぼちぼち書いていく自己満ブログ

【討鬼伝極】弓道部はじめました

タイトルの通りです。

銃大好きなのは変わらないんですが、最近は弓にも手をつけ始めました。

立ち回りの方ですが、基本的には印矢つけて△で爆破が効率的のように思います。
それを鬼の形状によって少しアレンジしていくと良いです。

例えば破壊部位の多く密集しているミフチなどは、印矢5本+△1で誘爆を狙いつつ、ガンガン回します。
タケイクサのような部位が離れていて少ない鬼は、印矢3本+△2で誘爆は期待せずまとめて撃ち抜いたりするといいですね。

一矢射ちは使いますが、メインには据えません。
一発の火力は確かにありますが、気力の回収率が△に対して劣るのと、
溜めが長いので、時間効率的にはそんなに変わらないかな……という感覚があります。

ただ、部位破壊できそうな部位にダメージを集めたり
誘爆し損ねた部位を溜め2くらいで軽く撃ち抜いたりと、全く使わないわけではありません。

基本的に印矢△ループなんですが、それなりにアレンジする部分もあり、けっこう楽しいですね。
鬼千切も溜まりやすいですし。

使いはじめは「銃に比べると火力がないなあ」なんて思ってたんですがそうでもないです。
固い鬼でも手数を稼げるので、割と火力は出せました。

逆に柔らかい鬼の方が、手数よりも一発の火力が重要なので苦手かもしれません。
そこは一矢射ちでカバーするのか。ううん、なかなか奥が深い。

まだ使い始めなので色々と研究しがいがありますね。
構成なんかも紹介していけたらと思います。