読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あまたん討鬼ろぐ

討鬼伝についてぼちぼち書いていく自己満ブログ

狙撃霊弾と貫通擲弾

銃を使う上で、火力を求めようとしたときによく話題にのぼるこの2つの弾種。

結局どっちが火力あるの? と疑問に感じたことはあるでしょう。

データ解析したり、細かい数値を出したりしたわけではありませんが
自分の経験上、討伐時間が短かったのは絶対的に「狙撃霊弾」でした。


そもそも火力って、単純なダメージ量だけで言えるものではないんですよね。
そのダメージが出るまでにかかる時間も大きな要素のひとつなんです。


どういうことかと言うと、狙撃霊弾は構えて→撃つのツーアクションです。

しかし貫通擲弾は投げて→擲弾が到達してから→撃つ、スリーアクションなんですよ。
且つ一部位に与えるダメージは狙撃霊弾に劣っている。

それがゆえに、貫通擲弾は二部位以上ヒットさせることがほぼ絶対的な前提なんです。

そしてなるべく三部位巻き込むか、狙撃擲弾による霊脈弱体を活かしていかないと
狙撃霊弾に大きく……とは言いませんが、ちょびっと……劣るのは確実かなぁと思います。

安定して二部位巻き込めても、投げる際の調整に手間取れば時間辺りの火力では負けてしまいますからね。
更に言えば、それも霊脈が密集している鬼であればの話ですし。

なんというか、貫通擲弾が性能を発揮するための前提条件が多すぎるんですね。
こうなるともう比較できる/できないの話ではないように思います。


ただ、そんな貫通擲弾でも狙撃霊弾に勝っていると言える点はありますよ。

まず気力管理が必要ないので、スタイルやスキル構成の自由度があるということ。
また、多段ヒットゆえに武器ゲージが狙撃霊弾よりも溜まりやすいということです。


ただ狙撃霊弾は安定して一ヶ所に火力を叩き込める関係上、鬼千切が少し撃ちやすい程度のことにあんまりメリットはないんですけどね……。

スキル構成が自由、というよりは「気力管理がいらないスタイルに向いている」という方が正しいのかもしれません。

例えば献や防なんかは武器ゲージが溜まりやすい性質も割と活かせるんじゃないかな。
あとは断奪・生とか、断祓みたいなスキルですとか。

そんなわけで次回記事では、一般的に相性が悪いとされる防銃について取り上げたいと思います。

貫通擲弾を使用した構成も載せますょ。お楽しみに(´∇`)