あまたん討鬼ろぐ

討鬼伝についてぼちぼち書いていく自己満ブログ

【討鬼伝極】薙刀・属性攻スタで渾身五大と周囲を乗せるの巻

みんなで渾身・五大と渾身・周囲乗せたら弱点鬼があっという間に死ぬんじゃね?
というwktk感からみんなに使って欲しいと思い、構成を作りました。

レシピ

源頼光:渾身強化・周囲、渾身増加+3、渾身延長+10、渾身強化・猛攻
坂上田村麻呂:渾身強化・早手、渾身短縮、渾身強化五大、属性攻撃・吸生
額田王:属性攻撃力上昇【特】、吸生短縮、吸生強化・吸気、属性攻撃・吸気

額田王黒田官兵衛でもいいです。
その場合はスキル構成が若干変わりまして

源頼光:渾身強化・周囲、渾身増加+3、渾身延長+10、渾身強化・猛攻
坂上田村麻呂:渾身強化・早手、渾身増加+2、渾身強化五大、属性攻撃・吸生
黒田官兵衛:一閃、俊足、英霊の激励、属性攻撃・吸気

となります。渾身短縮を英霊の激励で代用するパターンですね。
額田王入りの方が会心を必要としないので汎用性は高いです。

ただ、一閃や俊足のある黒田官兵衛入りの方が、性能的にはいいと思います。
最初に作ったのは実は黒田官兵衛入りの方だったりして。

渾身強化・五大を発動させれば、弱点じゃない鬼相手でも割と気力が回復するのでいい感じ。
耐性の鬼が出てきたら吸生強化・吸気で対抗だ!
体力に余裕もあるし、属性特化のくせして特殊調査も安心だぞ!

武器に薙刀を選んだのは、単純に気力消費が少ない武器だからです。
ただ早手もありますので、槍や棒などの溜め武器でも運用することはできると思います。


あと猛攻って「渾身の効果量が上昇する」って書いてあるんですが、
五大の「渾身の効果を五大属性にも適用する」というテキストから考えると
猛攻で五大属性の攻撃力も上がってたりするんですかね?

吸生強化・増幅は吸生強化・霊力や吸気にも適用されてたりしますし。
まあ、あちらは「吸収した体力に応じて」なので、直接上昇させているわけではないんですが。

調べるにもどこまでが物理攻撃ダメージで、どこまでが属性ダメージ化かがわかりにくい。
とりあえず、ないよりはいいだろうという事で猛攻が入っていますけど、
ご存知の方いませんかね。

【討鬼伝極】攻銃を作る

会心を出せば闘志で気力回収ができる。なら隠スタで闘志と一閃を積めばいい。
それ以外のスタイルで同じことをしても、会心率が足りないのだから劣化になるだけ。

基本的にこの考え方は間違っていない、というか基準となるものと思います。
NOTタマフリ構成で挙げたアレを総合的に、あるいは局所的に大きく越えられなければ価値はないと言ってもいい。

だから今まで攻銃や迅銃にあまり価値を見出だしてきませんでした。
タマフリ使ってもそこまで変わらないんじゃないのかと。

自分が銃を構成するときのポイントとしては、安定感とストレスフリーが大きなキーワードになります。
誰でも無理なく扱えて、使って楽しい狙撃銃。私はたくさんの人に銃を使ってもらいたいのです。

その要素を満たす銃をNOTタマフリ構成や、癒銃、孫市カスタムで作ってしまった。
それがいけなかったのかもしれません。

今回はそんな前提を踏まえて、攻銃作りに挑戦してみました。

宮本武蔵軍神招来増加+1、一閃、吸生強化・吸気、軍神招来強化・連動
真田幸村:会心力上昇【特】、闘志、渾身強化・早手、渾身延長+10
■平教経:元気溌剌、闘志、吸生強化・増幅、吸生強化・浄化


闘志と元気溌剌を持つ唯一のミタマ、平教経を使うことで、更に宮本武蔵の一閃も上乗せすることができました。
渾身強化・猛攻を乗せると会心率が落ちるので早手のみに留め、会心力の補正がある真田幸村を起用しました。
都合のいいことに闘志も持っています。

軍神招来強化・連動により、ラッシュを掛ける楽しさと通常時の安定感の両立ができたのではないかと思います。

渾身の攻撃力にかかる倍率は1.2倍だったと思います。
太虚Mk-Ⅱで渾身を使うと1386。会心力上昇【特】が付いて会心率は約33%です。
これは渾身と会心力上昇【特】のない太虚とほぼ同じです。

また、渾身を使わない場合だと40%ですが、吸生強化・吸気と浄化により気力の足りなくなる場面はほぼなくなります。
それでいて元気溌剌と一閃が乗るので、火力的にも充分と言えるのではないでしょうか。

隠スタと違って、どの部位を狙ってもいいというのもセールスポイントですね。

ただ不満な点もひとつあって、それは俊足が乗せられないことです。
せめて俊足ひとつはほしい。ですので俊足も加えたバージョンをただいま研究中です。

なにか閃いたらまた載せたいと思います。

【討鬼伝極】癒銃・狙撃霊弾まとめ

癒スタイルでの狙撃霊弾の構成がいくつかできたので、ここにまとめておこうと思います。
既出のものもあります。

レシピ

その1
クシナダヒメ:武神ノ砦強化・猛攻、武神ノ砦強化・一閃、武神ノ砦強化・増幅、元気溌剌
イザナギ:闘志、武神ノ砦強化・猛攻、武神ノ砦延長+10、英霊の激励
オトタチバナヒメ:闘志、俊足、会心力上昇【中】、会心力上昇【大】

俊足と元気溌剌により、素の戦闘力を高めた構成。
三つ揃い「古」による気絶無効もオプションで付いてくるので使い勝手がいいです。
ラッシュ時に武神ノ砦を発動することで、猛攻と一閃が乗り更に火力アップ。
シンプルながらなかなか強い構成だと自負しています。


その2
千利休:治癒強化・快気、闘志、武神ノ砦強化・増幅、武神ノ砦延長+10
杉田玄白:変若水増加+2、霊脈注射、元気溌剌、女神ノ社強化・広域
イザナギ:闘志、武神ノ砦強化・猛攻、武神ノ砦延長+10、英霊の激励

これは回復寄りですね。
若水増加を英霊の激励で無駄なく使いきれるようにしてあるのがポイント。
女神ノ社強化・広域でのサポートと、武神ノ砦でのブーストも両立。
さらに霊脈注射と元気溌剌で火力もきちんと抜かりなく補助してあります。
ただし会心力の底上げがないので、闘志がきちんと発動しない場合もあるのが難点。
よりサポート特化にするなら、元気溌剌は女神ノ社強化・快癒にしてもいいでしょう。


その3
千利休:治癒強化・快気、武神ノ砦増加+2、武神ノ砦延長+10、闘志
真田幸村:会心力上昇【特】、闘志、会心力上昇【大】、武神ノ砦強化・一閃
大石内蔵助:魂の絆、一閃、英霊の激励、武神ノ砦強化・一閃

武神ノ砦強化・一閃を全面に押し出した構成です。
猛攻は結局1.075倍でしかないので、それなら一閃で会心を出しやすくしようという狙い。
真田幸村が武神ノ砦強化・一閃と会心力の底上げを担うのでかなり重要です。
一閃と英霊の激励を持っていて、武神ノ砦強化を持つということで三人目は大石内蔵助を起用しました。
ただ、その1のオトタチバナヒメ真田幸村に変えるという方向でも構わなかったりします。
俊足がなくなるのは個人的にはちょっと気になりますけどね。

まとめ

基本的に狙撃霊弾でスキルを構成するときは闘志を二つ積んで、会心力の補正を10%ほど付ければなんとかなります。
ならないときはタマフリの方を充実させて、空気にならないようにする。
癒銃だとこのサポートによって何もしない時間が減らせるのがいいですね。

ですので、テンプレとしては以下のようになります。
■ミタマ1:元気溌剌or一閃の火力スキル、またはタマフリ強化スキルの充実しているもの
■ミタマ2:闘志を持ち、タマフリ強化スキルがそれなりにあるミタマ
■ミタマ3:闘志を持つミタマ

ミタマ1には火力スキルを盛らなくても構いません。
その場合はしっかりとタマフリ強化スキルを積んであげましょう。
ミタマ2,3の両方が闘志のみを持つミタマにしてしまうと癒の意味がないので、どちらかはタマフリ強化スキルを積めるように。
また、会心力上昇はどこに挟んでもよいです。会心力上昇【特】相当の補正があれば戦いやすさも大分変わりますので。

これを参考に癒スタイル狙撃銃遊んでみてください。

【討鬼伝極】空銃についての試行錯誤、その結末

空銃、特に狙撃霊弾での構成はあまりに難しすぎた。

闘志だけならば確保できる。
ただそこに空らしさや、火力を求めようとすると途端に破綻してしまう。

例えば祓殿や虚空ノ顎を強化しようとすると、闘志が減り気力が足らなくなる。
縮地と銃の相性はあんまり良くないから、快気に頼ることも難しい。というか快気持ちは縮地以外の強化をほとんど持ってない。

じゃあ火力を求めるとすると、今度は空らしさがなくなり隠や癒でいいやとなってしまう。
また特殊調査で通用しないなら、孫市カスタムでほぼ事足りてしまう。

あまりにも前提条件、最低条件が厳しすぎる。
それでもいつか組み上げた献銃のように、形にできるのではないか……
ともがき続けた結果がこちらになります。

レシピ

千葉周作:精神統一、闘志、虚空ノ顎強化・連動、虚空ノ顎強化・束縛
松平容保:縮地強化・一閃、闘志、祓殿強化・加速、空特化・浄化
■アメノウズメ:元気溌剌、祓殿強化・加速、祓殿強化・一閃、虚空ノ顎強化・凝縮


どうだろう。
元気溌剌をひとつ積んで火力を確保。英霊の激励がない部分は空特化・浄化でフォロー。
祓殿の強化と虚空ノ顎強化・連動でシナジーもある。
まあ、会心率の補助がないのと、精神統一が無駄になる点は惜しい。

ただ大きな問題がひとつある。
それは、「アメノウズメを持っていない」という点。
アメノウズメがなければ実証ができない。まさに絵に描いた餅だ。

だから代わりになるものを組み上げなければいけない。
そうして出来上がったのがこちらになります。

レシピ2

千葉周作:精神統一、闘志、虚空ノ顎強化・連動、虚空ノ顎強化・束縛
松平容保:縮地強化・一閃、闘志or魂鎖、祓殿強化・加速、空特化・浄化
■坂本乙女:会心力上昇【特】、闘志、祓殿強化・一閃、会心力上昇【大】

祓殿強化スキルが少ないのがやや気になるが、それでも及第点の加速・一閃両積み。
一閃や元気溌剌はないが、闘志三積みまたは二積み+魂鎖で気力回収もしやすい。
空特化・浄化は特殊調査で役立つとともに、祓殿の効果を受けにくい銃でリチャージを短縮する貴重な手段だ。

おっ、これ結構いいんじゃないか!? と思って出撃する。
……しかしやっぱり火力が物足りない。一閃か元気溌剌はどちらか一個はほしい。
そうでないなら、狙撃霊弾を使う意味がないのだ。火力が要らないなら、サポート特化した貫通擲弾でいいじゃないか。


こうして私の空銃・狙撃霊弾仕様を探求する旅は頓挫した……。
しかしまだ終わったわけではない。いつの日か私は空銃・狙撃霊弾仕様を組み上げてみせる。
その日まで私の旅に終わりはないのだ。


つづく(つづかない)

【討鬼伝】賭太刀・改訂版

攻式特化作ってて思ったんですけど、前田慶次山南敬助の二人だけで闘志×2、一閃、英霊の激励が賄えるから汎用性高いんですよね。
だから最後の一人をちょいと工夫するだけで割と色んな武器に適用できてしまう。

そんな経緯から、賭太刀構成を練り直しました。
使った感じではかなり気力維持しやすく、火力も高くて強いです。安定感あります。

レシピ

まずこの二人は確定です。
前田慶次:不撓不屈、闘志、運否天賦強化・攻式、一閃
山南敬助:英霊の激励、闘志、渾身強化・周囲、渾身強化・早手

で、最後の一人を基本的にはこの人にします。
十返舎一九:英霊の加護、おみくじ強化・一閃、おみくじ強化・奇跡、おみくじ強化・増幅

おみくじ強化・一閃のおかげで、いい運勢が出るほど会心が連発できるのが心強いです。
で、味方に隠スタがいる場合に限ってこちらの人斬りさんに差し替えます。

岡田以蔵:一閃、残心の達人、秘針強化・一閃、おみくじ強化・一閃

おみくじ強化・一閃と秘針強化・一閃により、さらに会心が出ます。
加えて一閃が二積みになること、残心の達人が付くことで火力も段違いに高まります。
おみくじ強化・増幅とおみくじ強化・奇跡も捨てがたいですが、それを差し引いても魅力的。
隠スタがいなければ、秘針強化・一閃は会心力上昇【大】などにしてもいいでしょう。
それならばおみくじと攻式でブーストを狙いつつ、安定した立ち回りをすることができます。

あ、隠スタじゃないのに秘針の効果があるのか、という疑問はあるでしょう。
実際、隠以外で秘針スキルを装備すると灰色になります。
でも賭スタは運否天賦の存在を考慮してあるため、すべてのスタイル系スキルが有効になります。
また、秘針強化・一閃も「秘針の刺さった部位に対して」発動するので、自分が刺したかどうかは関係ないのもミソです。
ある意味、抜け道というか、裏技みたいなものですね。

個人的にはこれが賭太刀の最終型ということでいいような気がします。
太刀ですから赤残心での怯みで鬼の動きを封じやすいのがいいですね。

またひとつミタマを極めてしまった……(キリッ

空特化・浄化の空槍

空特化スキルは三種類ある。
空特化・加速、空特化・浄化、空特化・延長の三種類だ。

僕はこの中で一番使えるのは、空特化・浄化だと思っている。
というのも、目に見えて効果があるのがこれだからだ。

どれくらい効果があるかというと、部位ひとつ浄化につき、虚空ノ顎のクールタイムをおよそ四分の一ほど短縮する。
もしかしたら五分の一かもしれない。でも、結構な短縮量だ。

それに、空特化・延長と加速は祓殿強化系と被るところがある。
厳密にはタマフリ構えのモヤモヤも祓殿のモヤモヤは別扱いで重複するらしいんだけど、空特化・加速それ自体は大したブーストにはならない。

だから、まあ気休め程度なのだ。
だけど空特化・浄化は気休めではなく、きちんと効果が実感できるのが嬉しい。

ただ、ひとつ問題点はある。
「戦闘中に部位祓いなんてしない」ということだ。
戦闘中に部位祓いなんてしないから、浄化の効果は実感しにくい。
祓殿なんかも、効果中に祓いきってしまえば、その効果は受けられない。

で、それを回避する方法は……実はある。
要は複数討伐ならいいのだ。鬼を倒したあとにその亡骸を祓えば、次の鬼のためのリロードを短縮できるという理屈だ。

しかし他に問題点がないこともない。
空特化・浄化の効果を受けられるのは自分だけ。
自分のタマフリを短縮する場合、その恩恵がほとんどないのだ。

縮地は元からリロードが早い。
祓殿は加速と組み合わせるので、効果終了後のリロードが早めやすい。
となると、虚空ノ顎ぐらいにしかわざわざ組み合わせる意義がないということになる。

前述のように複数討伐で使うのなら、千切増や回数増加と組み合わせたいところ。
候補としては織田信長小野篁霧隠才蔵といったところか。

でも僕はこの中では織田信長が好きなので、それを使った空槍を作った。
それがこれ。

織田信長:虚空ノ顎・千切増、英霊の激励、精神統一、虚空ノ顎延長+5or空特化・加速or心技体【大】
千葉周作:精神統一、闘志、虚空ノ顎・連動、虚空ノ顎・束縛
鈴鹿御前:仁愛、空特化・浄化、治癒・周囲、祓殿・連携

または鈴鹿御前を
紫式部:再始動、精神統一、空特化・浄化、治癒・周囲
に差し替えてもいいだろう。
ただ鈴鹿御前ならば三つ揃い「空」により俊足が付く。
また、仁愛と祓殿・連携が虚空ノ顎・連動で活かせるのもいい。
空特化・浄化は松平容保も持つので、こちらでもいい。場合によっては闘志を二つに出来る。


それと以前作成した人間無骨用の麻痺槍も合わせて掲載しておく。
織田信長:虚空ノ顎・千切増、精神統一、虚空ノ顎延長+5、虚空ノ顎・奇手
■一休:虚空ノ顎・吸引、虚空ノ顎・短縮、虚空ノ顎・連動、祓殿・加速
松平容保:縮地・一閃、祓殿・加速、祓殿・連携、虚空ノ顎・連携

搦手の極みがないのが痛いが、そこは人別札に頼ろう。
あっという間に千切ゲージがたまるので、麻痺を連発できる。

【討鬼伝極】癒銃ver2 ~貫通擲弾~

めんどくさいのでレシピをサッと貼り付けます。


行基:元気溌剌、武神ノ砦・霊力、変若水・千切増、威風堂々
杉田玄白:変若水+2、霊脈注射、元気溌剌、女神ノ社・広域
ツクヨミ:英霊の激励、女神ノ社・増幅、武神ノ砦延長+10、変若水・加速

またはツクヨミ
黒田官兵衛:一閃、俊足、英霊の激励、白刃の閃き


元気溌剌×2に霊脈注射、黒田官兵衛なら一閃も加わるので、なかなか火力あります。孫市カスタムと積んでる火力スキルはほぼ一緒ですね。
ただ貫通擲弾の性質上、霊脈が密集してる鬼ならすぐにマガツヒに持ち込めたりします。
銃は神狐の戒銃で運用していました。英霊の激励を活かすためですね。

もちろん狙撃擲弾を活用したいなら、狙撃と貫通のある銃で運用してもいいと思います。
霊脈弱体すれば、その分激励での加速力も上がりますし、武器ゲージも溜まりやすくなりますから。

前回紹介した防銃も元気溌剌×2で悪くないのですが、やはりこの癒銃の方が使い勝手は勝るかなと。
若水が使い放題ですし。

堅甲って、言ってみれば最大体力を増やすのと同じことなんですよね。
だから治癒周囲と堅甲周囲って基本的には同じものだと思っています。

そうすると、癒でいつでも体力回復できるということは堅甲の意義を奪うようなものでもある。
更にこの癒銃は女神広域と武神霊力もあるので、味方への補助が豊富。

防銃は挑発での囮は銃ではあまり意味がないし、天岩戸もそこまで必要とされません。
ただ、八百屋お七を入れて属性ビルドにするなら意味があると思ってはいます。
英霊の激励を積む必要がないですし、元気溌剌は属性ダメージにも有効だからです。

総じて癒銃2は汎用性の面で勝り、属性武器でのみ防銃も選択肢に上がるといったところでしょうか。
ちなみに杉田玄白伊達政宗にするという意見は聞き入れません。

意気軒昂は元気溌剌より弱いから。以上。