あまたん討鬼ろぐ

討鬼伝についてぼちぼち書いていく自己満ブログ

【討鬼伝極】性懲りもなく防銃に挑む無謀なモノノフ

はい。

レシピ

足利尊氏:元気溌剌、祓力上昇、防特化・加護、防特化・抗体
かぐや姫:元気溌剌、堅甲+2、挑発・慈愛、鉄壁
北条政子:再始動、俊足、堅甲+3、堅甲・周囲


貫通擲弾は火力がないので、狙撃霊弾が気力回収用のスキルを積むところに「火力スキルを積み込まねばならない」んですね。
じゃないと意味ないし。つかそれしても安定して火力出せる狙撃霊弾の方がたぶん強いと思う。


前回のやつはそんな感じで火力を求めすぎた結果使い勝手が悪かったので、今までの経験も踏まえて再構築しました。

キーポイントは北条政子ですね。
俊足と堅甲・周囲を併せ持ってくれているおかげで、位置取りはしやすいわ、火力は劣っても防銃の意味があると思わせてくれるわで
もう、なんかすごいあれですね。俊足四積みのためのおばさんだと思ってました。ごめんなさい。

治癒周囲も入れたらいいんじゃないかと思いかけましたが、火力を出せるのが杉田玄白だけなので断念しました。
彼には癒銃貫通擲弾verで頑張ってもらいます(次の記事で取り上げます)。

ちなみにかぐや姫を放火魔ヤオヤオセブンもとい八百屋お七にすると属性銃でも使えて便利。
あちらは属性吸生と元気溌剌があるのでちょっとぐらい食らってもすぐ溌剌復帰ができますね。
耐性鬼でなければ属性銃でもそこまで威力落ちないのでいいかもしれません。
通常攻撃力の比率が高めで会心もついている銃ならなお良し。

元気溌剌を捨てて装填数+2と威風堂々を持つ山本覚馬もいいかもしれませんが、どうせなら壊銃で使ってみたいなァ。


おわり

銃のプレイング・テクニック覚え書き

銃のプレイングで意識する点、役立つテクニックをまとめます。

部位破壊

銃は霊脈のある部位ならば、部位破壊速度はかなりのもの。
特に足や尻尾に狙いやすい大きな霊脈があることが多いので、鬼のダウンもまとめて引き起こしやすい。

マガツヒ状態を素早く引き起こせる、ダウンも取りやすいということは単純な火力以上に討伐時間短縮へと貢献します。

狙いにくい霊脈や、霊脈のない部位は無視して構いません。
霊脈を外して撃ってもたいした貢献にはなりませんから。
せいぜいもう一押しで破壊できそうな赤色部位を狙う、くらいに留めておきましょう。

鬼千切

銃の鬼千切は構えてから撃てるようになるまでが速く、狙いもつけられるため部位破壊にピッタリの性能となっています。

基本的にどこを狙うかというとだいたい「角」ですね。
角を破壊してもあんまりダウンしないイクサ系なんかは腰簑か、既に破壊済みの腕なんか狙ったりしますが……
基本的には角を狙うものと覚えてください。

角を狙うタイミングは鬼別に異なりますが、タマハミすると怯まなくなる鬼が多いので、通常時に狙うといいですね。
カゼヌイ系、オンジュボウ系はタマハミ後も有効ですのでタマハミ後に狙いましょう。
タマハミ移行により防御力が落ちているので、硬直を作れれば思い切り体力を削れます。

もしタマハミまでに武器ゲージが溜まらなかったら、適当に脚でも壊すか、連戦なら次の鬼用に取っておくのもいいでしょう。
特殊調査なんかは銃が開幕角を破壊してくれることも多いですので、脚に鬼千切を当てたりするのはやめてくれ。ガチでな。

一発止め

残り一発で部位を破壊できそうな時、破壊せずに残しておくという手も有効です。

銃にはリロードがあるので、そのまま破壊してもリロードに充てる時間となるだけで攻撃に活かしにくいからです。
部位を破壊するタイミングも操作できれば、あなたは立派な銃使い。

ちなみにツチカヅキ系はこれが有効な鬼です。
タマハミ後の脚が破壊しやすくなることを利用して、地中にいるときに破壊すると喜ばれます。

地中の部位には攻撃が届かないと思いがちですが、実は脚の霊脈を狙うことができるんですね~。

潜った直後や、円を描く攻撃の後などは狙い目で、撃ち落としを狙うまでもなく引きずり出せます。

何発撃ち込めば破壊できるかは感覚をつかんでおきましょう。

移動の重要性

銃は狙いをつけることよりも移動することの方が重要です。

討鬼伝の銃には幸い反動というものがないので、一度照準を合わせたらあとはボタンを押すだけで
霊脈に簡単に連続ヒットさせられます。まあ、微調整がいる場合もありますけどね。

だからむしろ大事なのはAIMなんかではなく、狙いやすい霊脈に当てるのによい立ち位置を理解して、そこに移動する能力です。

こまめに移動することは被弾を押さえることにも繋がります。
そして重要なことは「知識があるかどうか」ですので、技術がない人にも一般化できるということなのです。

狙撃の技術が必要なんだ、と思って敬遠してる人にこそ銃をつかってもらいたいのです。

立ち位置の決め方

狙いやすい位置に移動する、ということは鬼を中心とした円の動きをすることと同義です。

ということは鬼から離れるほど=半径が伸びるほど円が大きくなるので、移動するのにかかる時間は多くなりますね。
それはつまりその間霊脈を狙えないということになり、時間対火力の低下に繋がります。

鬼の方向や回転など、全周囲攻撃が当たらないくらいの距離。かつ、スライドや突進などの移動攻撃が届かない角度を意識しましょう。

そこに狙いやすい霊脈の位置を加えると、だいたい鬼の斜め前か、斜め後ろ、場合によって真横という感じになります。

あとは鬼がこちらを向いたら立って逃げるだけです。ちょこまか動いてると、意外と狙われないものですよ。

逃げ方

逃げ方も重要です。
鬼に対して真っ直ぐ後ろに逃げるのは最悪中の最悪です。絶対にやってはいけません。
これは、鬼がヘイトを向けた場合よほどのことがないとターゲットを変更しないから。

そして真っ直ぐ後ろに逃げて鬼を味方から引き離すと、向くべきヘイトの対象が自分しかなくなってしまうのはわかりますよね。
そして鬼から離れて円が大きくなることのデメリットは前項で述べました。
だからこれは絶対にダメ。ダメ、ゼッタイ。

鬼のヘイトが向いていない時は、霊脈を狙える位置に向けて移動していけばいいです。
問題なのはこちらにヘイトが向いた時。

この時に逃げ方を間違えると被弾する……のは別に大した問題じゃないです。死にさえしなければ。
味方の移動距離を増やして討伐時間を無駄に伸ばしてしまうことに繋がってしまいます。

だから意識することは2つ。
まずは味方の移動距離を増やさないことと、その次に自分が被弾しないこと。です。

味方の移動距離を増やさないために、鬼がこちらに来たら斜めに切り込むように前へと逃げるのがだいたいの場合正解です。
鬼との距離を保って円の動きで真横に逃げると、結局鬼もこちらを追って移動してしまうので、あんまり意味がない。

斜めに切り込んだ場合、何がいいのか、というと……
まず、鬼がその場に留まって攻撃を繰り出してくれる可能性が高まります。
そうすると、そこで鬼ごっこが終わるので味方がすぐに攻撃を開始できます。

鬼は一度攻撃を繰り出せばヘイト対象がリセットされますので、その意味でも大事ですね。
ただ突進やスライドをしてくる場合もあるので、早め早めに移動する癖をつけましょう。
不意の攻撃に当たってしまうだけでなく、それによって鬼が大きく動いてしまいます。それらにも備えるようにしたいところ。
また、斜めに切り込むのはいいけど、近付きすぎて被弾した、というのでは本末転倒。
基本はやっぱり鬼を中心とした円の動きを念頭に置いてくださいね。

で、斜めに切り込んでヘイトを切ったあとは、また霊脈を狙える位置に戻ればいいだけです。
ね、簡単でしょう?

オンラインにおける霊脈弱体

オンラインで狙撃擲弾を使うと、なぜかダメージが下がるという現象があります。
通信環境などによるものあるのでしょうが、自分の擲弾によっても引き起こされることがあるので油断できません。

その場合、霊脈弱体が消えるまで待つか、別の擲弾で上書きすれば正常に戻るようです。
オンラインで銃を使うときはこの点に気を付けていただくとよいでしょう。



こんなもんかな?
また思い付いたら追記していきます。

ぼくはクシナダヒメちゃん! とミヤズヒメちゃん!

性能的にもイラスト的にも非常に人気の高いクシナダヒメは、当然自分も昔から愛用していたのですが
孫市カスタムやらイザナミ隠銃やらで遊んでいる内に最近はすっかり埃を被らせてしまっていました。

前回三つ揃い・古の話をしましたが、それをヒントに癒銃をもう一度作り直してみようかと挑んだのがこちらになります↓

※ミヤズヒメの話はあとでします。

レシピ

クシナダヒメ:武神ノ砦・猛攻、武神ノ砦・一閃、武神ノ砦・増幅、元気溌剌
イザナギ:闘志、武神ノ砦・猛攻、武神ノ砦延長+10、英霊の激励
オトタチバナヒメ:闘志、会心力上昇【中&大】、俊足


えーと、まず武神構成にオトタチバナヒメを加えただけなんですが
スキル構成に癖がないので、他の武器でも活用は可能です。ただ精神統一はないので溜め武器とは相性悪いですけど。

元気溌剌の倍率は15%なんですよ。
一閃は20%で、一閃の方が強い? と思いきや、実は一閃は「会心の倍率に+20%」するスキルなのがポイント。
元気溌剌は会心での倍率と別に計算されますから、会心1.5倍*1.15倍で1.725倍となります。
一閃一積みの1.7倍よりも火力が出ることになるんですね。

当然、非会心時にも1.15倍されるので……
まあ、これは癒スタにおいての話です。会心を出しやすい隠スタと比べた場合はまた異なるでしょう。

闘志二積みだけなら千利休といった選択肢もないことはないんですが、
会心力の補正がまるでないので、意外と気力が足りなくなりがちなんですよね。

その点オトタチバナヒメだと、雀の涙ではありますが会心力のテコ入れもあり、俊足もあり、保険の気絶無効もありで
こちらを選ぶ動機としては強いものがある、とおもいます。

それと素の火力がそこそこあるので、特殊調査なんかで武神ノ砦を節約しながら戦うのにも都合がよいですしね。
これも前回言いましたが、クシナダヒメを南淵請安に差し替えれば女神ノ社・広域をつけることもできます。火力は落ちますけどね^-^;)

ミヤズヒメと魂太刀

おまけの余談。
ミヤズヒメが錬刃持ってるので、これは魂太刀作るしかないだろうとスキルビルダー(自称)のわたしは燃えました。

でもミヤズヒメって、なんというかこう……帯に短し襷に長しと言いますか……ぶっちゃけ強そうで微妙に使い勝手が悪いというか


破敵ノ法+2がついてて強そう! → だけど激励は持ってません
魂特化全霊とか吸魂とか一杯あって強くね? → スキル過多なだけ

という感じで、オキクルミを魂用に作ってみたけど失敗しました感があるんですよね。マジで。
つか気力回復スキルとか一切ないし。

で、残りの二人で気力回復スキル付けようとすると、これがまあビルドの幅が狭いこと狭いこと。
ミヤズヒメが追駆吸魂持ってても、他の吸魂持ちも属性吸気を合わせて持ってたりするので、意味ないんですよね。
シャクシャインとか、卜部季武とか。

で、追駆速攻も付けようとすると属性吸気が全く積めない。こりゃダメだ。
それに英霊の激励もほしいし。

英霊の激励+属性吸気の組み合わせは、黒田官兵衛藤原純友の二人です。のでここはまず決定。
次に魂鎖も欲しいので魂鎖+属性吸気持ちということでシャクシャインを採用。

かぶりのスキルをあれこれ調整して試作ができました。

■ミヤズヒメ:破敵ノ法+2、錬刃、魂特化・浄化、魂特化・全霊
藤原純友:属性吸気、英霊の激励、追駆・凝縮、追駆・浄化
シャクシャイン:属性攻撃力上昇【特】、魂鎖、追駆・吸魂、属性吸気


魂特化・浄化を選んだのは、追駆・浄化と発動タイミングが同じだからです。
これなら追駆の回数を回復するついでに、魂ゲージをマックスにできます。
追駆→追駆と続ければ、吸魂の効果で最大威力の追駆(全霊&凝縮付き)が撃ち続けられますしね。

残心解放で気力回復が用意なので、連昇まで当てると気力過多かもしれない。
ただ弱点不一致ならばその限りではないので、そこは立ち回りで変えていくといいかも。

とにかく追駆+残心で敵の動きをガンガン抑え込めるので楽しいです。
追駆・浄化を外す場合は黒田官兵衛に差し替えて、魂特化・浄化は属性攻撃力上昇にでもしましょう。魂特化・破壊でもいいですよ。
単体討伐ならそちらの方がいいかもしれませんね。

属性攻太刀と比べても火力に遜色ないので、割りといい感じだと思います。
魔法剣士感あって使ってて楽しいのもオススメ。


てなわけで、以上2つのビルドを紹介しました。

NOTタマフリ構成・改訂

以前、紹介した銃のタマフリ未使用構成ですが、少し変更がありましたので追記します。

まず細川勝元を属性隠銃の方に使ってしまった為、付け替え毎にスキル変更がめんどくさい自分は代用を立てることにしました。

皆さんご存じ、クマソタケルです。
隠特化・急襲と闘志さえあればなんでもよかったんですけどね。
クマソタケルが入ると、白刃の閃きが消えますが、会心力【大】が付くので安定感は増します。


その他に実はもう一点、重要な事がありまして……

イザナミ、クマソタケル、オトタチバナヒメは全て古のミタマですので、三つ揃い・古の気絶無効が付くようになりました。

気絶無効は所持ミタマが少なく、繰り出してくる鬼も多いのであると割合便利、というか安心ですね。

オトタチバナヒメは俊足、闘志を持つので、もとから使いやすい方に入るミタマです。
他の二人が古のミタマであるなら、タマフリ強化スキルをある程度捨ててもつける価値はあるかな、と。

例えば南淵請安&イザナギのコンビに加えると、気絶しない癒スタ、かつ女神広域持ちで安定感が増します。
他にも色々できそうですね。

こういう発見があるから、極はやめられないなあ……。

献銃がやっと完成した……

なぜよりによって献を選んでしまったのかなどとさんざん言われるホロウさんの献銃ですが、一応組み上げることができました。

「完成した」というのは、ある一定のテーマに沿ってほぼ無駄なくスキルを組めたという意味です。
今回は簡単に言えば「命ノ楔特化」ですが、若干気になる点も残っていることはいます。

レシピ

■初:英霊の加護、属性吸気、命ノ楔・連携、捨身供儀・連動
蜷川新右衛門:魂の絆、命ノ楔延長+10、命ノ楔・反射、命ノ楔・千切増
在原業平:心眼、属性吸気、命ノ楔・反射、命ノ楔・連携


まず銃で献身、捨身供儀を活かす構成は難しい。ということはわかりきっていました。
ですから命ノ楔特化にするしかないだろう、とまず考えてスキルを組んでいきます。

また狙撃霊弾をメインにするのなら、気力を回収する手段も確保しておきたい。
せめて闘志や吸気系は二積みできる形がふさわしい。

それも踏まえて検索していくと、すぐに三人のミタマが見つかりました。
それが初、在原業平藤原定家です。

まず始めにこの三人で組んでみました。
吸気三つなので気力的には弱点不一致でも充分確保できていましたが、何かが物足りない……。

結局狙撃弾を撃つだけなら隠でいいんですよね。これでは献が活かされていないとわかりました。
ですので今度はタマフリ強化スキルに着目して検索していきます。

藤原定家は再始動が初の加護と相性がよいので外したくなかったのですが、命ノ楔強化が回復力しかないのが微妙。
ならば、在原業平の命ノ楔・反射を活かす方向を考えます。

あとできれば命ノ楔延長なんかも欲しい。
それで検索した結果が蜷川新右衛門でした。

在原業平の心眼+魂の絆のシナジーもあり、千切増・延長・反射も持っているピッタリのミタマでした。

実際に運用すると、反射二積みの火力は割合バカにできないものがあります。
タマハミ化してから討伐までがかなり早まりました。

また、活かしにくいと思っていた献身・捨身供儀にも使い道ができたのも発見でした。
銃はリロードによって攻撃できない時間が発生する武器です。
献身はそのリロード時間に使用することで、味方の近くでリロード=無駄なく支援ができるようになりました。
そこで命ノ楔が発動していれば、ダメージを食らっても問題には(あまり)なりません。
リロードの隙を敢えて活用するというのがミソ。

また捨身供儀は初の連動を当てることで、命ノ楔の代わりとして使ってもよくなりました。
それに範囲を理解して立ち位置を調整すれば、鬼の射程外から味方に無敵を配ることもできるように。

ただ撃つだけでなく、立ち回りという意味でやりがいのある構成に仕上がったんですね。

課題

ただ、課題もあります。
タマフリ短縮スキルがないので、命ノ楔が切れる時間が長くなること。

命ノ楔以外は積極的には使わないので構わないのですが、命ノ楔が肝心なときに使えないのは厳しい。
これは使うタイミングをある程度調節することで対応しています。

タマハミ、マガツヒ状態でないと反射のダメージは表層体力に行ってしまうので、なるべくマガツヒ・タマハミ状態の時に使う、とかね。
鬼の残り体力的に、次のリロードが完了するまでの時間まで見越して、使うタイミングを決めることもあります。

また、千切増、英霊の加護、捨身供儀・連動は、命ノ楔節約としてはやや過剰な感もありますね。
それならば命ノ楔延長を外して回転率を高める、という方向性もありますが……ここはまだ検討中。

まあ空などの加速スキル持ちがいればいいんだよ(乱暴

それと立ち回り重視で外せないのはやはり俊足。
せめて一積みはしたかったんですが、スキル構成的に難しかった……。

あと気を付けたいのは火傷持ちですかね。
命ノ楔で赤体力を保持しても、火傷ですべて吹っ飛びます。
ここだけはどうにもなりませんね。


銃としては異色ですが、その実立ち回り重視という点で非常に「銃らしい」とも言える献銃。
皆さんもホロウごっこはいかがですか。

属性隠銃・改訂版

秘針射出を付けるのは難しいと言ったな。あれはウソだ。


というわけで、秘針射出を兼ね備えた属性隠銃が出来たので貼り付けます。

レシピ

聖徳太子:秘針・吸気、秘針・射出、秘針・増幅、隠特化・急襲
細川勝元:闘志、秘針・五大、隠特化・急襲、魂鎖
黒田官兵衛:一閃、俊足、白刃の閃き、属性吸気


愛姫は残念ながらリストラとなりもうした。
クマソタケルを細川勝元と入れ換えてあります。

闘志二積みできるならその方がいいような気がしないでもないです。
ただ、闘志+一閃を持つミタマがあの二人しかいないので、それなら官兵衛の方がいいかなと。
俊足も持ってますしね。


魂鎖+秘針・射出の組み合わせは、魂銃で言うところの魂鎖+追駆のような感覚で使えます。
また、魂鎖+隠形で即座にヘイトを散らすこともできるのは器用。

弱点一致の相手はもちろん、弱点不一致の相手にも属性武器で戦えるぞ! というのがロマンなわけで……。

孫市カスタムの方が弱点一致の相手には強いですが、こちらは器用でバランスがよい。
特殊調査に持っていくならオススメですね。

秘針五大・属性隠銃

そもそも隠スタイルが無会心でも会心率付くのが卑怯(真理)

こんにちは。
討鬼伝極を未だにプレイしている世間に取り残された床ペロクソゲーマーあまたんです。
ちなみにMN(モノノフネーム)はあまたんじゃないので探したり、あまつさえ晒そうとしたりしないように!

注※過疎だからこそ飛ばせる自虐的ギャグ。笑うところですよ


今回は暇なので無会心属性銃でも使える隠スタグラムを作りました。
ちなみに隠スタの読み仮名は「おん」スタらしいです。インスタと読んでいた人は素直に出てきてください。

レシピ

■愛姫:英霊の激励、秘針・五大、秘針・一閃、隠特化・急襲
■クマソタケル:会心力【特】、闘志、会心力【大】、隠特化・急襲
黒田官兵衛:一閃、俊足、属性攻撃力【特】、属性吸気


もう少し突き詰めれば色々詰められそうな部分もないことはないんですが、とりあえず。

属性攻撃力は弱点属性に対して倍率がかかる分、会心での倍率はかからないんですね。
当然600前後と1000~1200の銃では会心時の火力に差が生まれるわけです。

ただまあ属性が合致した場合にはこちらの方が火力は上なはず。
ちなみにミフチ先生を息吹、初穂、大和で討伐したタイムは2:34。孫市カスタムが2分切ったのを考えると、火力的にはやや惜しい。

それと銃の性質的に、部位破壊で秘針の効果が失われやすいのもちょっとマイナスポイントかも。

余談

秘針・一閃や秘針・五大は「自分が刺した秘針じゃなくても効果を発揮する」らしいです。
ですから隠スタが他にいるときはその人が気を利かして霊脈に刺してくれればかなり火力を出せるでしょうね。

秘針銃なら射出が欲しいのですが、どうやらそれはミタマのラインナップ的に難しそうです。